審美歯科で美しく

治療器具

「審美歯科」とは、見た目を美しく整える事を主な目的とした総合的な歯科治療のことをさします。 「審美歯科」を扱うのは、主に「歯科医」です。「審美歯科」を取り扱う専門家には、「日本歯科審美学会」の認定医制度によって認定された「日本歯科審美学会認定医」という資格を持つ歯科医などがいます。しかし、この資格を有しなければ「審美歯科治療」が行う事が出来ないといったわけではなく、日本歯科医師免許を所持している歯科医であれば取り扱う事が可能です。 また、「審美歯科」の治療のひとつホワイトニングを扱う専門家としては、「ホワイトニングコーディネーター」があげられます。この「ホワイトニングコーディネーター」とは、「日本歯科審美学会」によって認定される歯科衛生士の為の資格です。

「審美歯科」には、ホワイトニングやクリーニング、ラミネートベニア、セラミッククラウンなど様々な治療方法があります。 「ホワイトニング」とは、歯に専用の薬剤などを塗布し歯を白くする方法です。 「クリーニング」とは、歯の表面に付着しているステインや歯石を取り除く方法で、歯周病や虫歯の予防としても効果的です。 「ラミネートベニア」とは、歯の色を白くしたり、歯並びを整えるために、歯の表面を薄く削り専用の素材を貼り付ける治療方法です。 「セラミッククラウン」とは、虫歯などで歯が損傷した場合に、セラミックで作られたクラウンと呼ばれる人工歯をかぶせる治療方法で、保険診療で使用される銀歯などに比べると審美性が高いものとして、審美歯科治療で使用されています。